最近は晩婚化が進み、高齢出産の割合が非常に高くなってきています。

また、医療技術が発達していることから、高齢出産に対するリスクも減ってきていることなども、高齢出産に踏み切ろうと考える人たちの考えを後押ししてくれているのかもしれませんね。


そんな高齢出産についての不安やリスクについて紹介していきます。
妊娠・出産は病気ではないと言ったものの、生命の誕生は100%安全なものであるとはいえません。
女性の身体は50歳前後で閉経するのですが、閉経するまでの間時間をかけて少しずつホルモンの分泌量が減っていったりしています。
その為、高齢出産になってくると、卵子の状態が悪くなってくるため、妊娠しにくくなってくるのと同時に、身体的機能も20代の女性のそれと比較すると衰えてきているため、出産時のリスクが高くなると言われています。
特に30代後半での出産が第一子目となると、出産時の出血量が増えたり、赤ちゃんが子宮から降りて来る道=産道が損傷する可能性が高いなど、分娩が困難になり帝王切開になる可能性は非常に高くなります。
しかし、20代前半での出産でも、帝王切開で出産している人もいます。

高齢出産=帝王切開と関連付ける必要はありません。


しかし、出産というものは非常に体力を消耗するものです。

高齢出産を希望するのであれば、日常的に体力づくりをしておくことと、安産のために良いとされている体操などは積極的にしていく必要があると言えるでしょう。

 

 

 

 

現在日本では、女性の晩婚化傾向や、結婚後も仕事を続けたいという女性が増えていることもあってか、35歳以上での妊娠・出産が増えています。
一昔前であれば、初産が35歳以上だと「マル高」なんて呼ばれていたそうですが、今の時代は、何人目でも、35歳を超えた妊娠・出産は高齢出産になってくるそうです。
高齢出産で皆さん何を気にしているのかというと、やはり染色体異常などではないでしょうか。
確かに、高齢出産にはリスクがあります。

しかしそれは、もっと若い人たちから比べるとリスクが“比較的”高いだけであって、彼女たちだって、妊娠出産のリスクはゼロではないのです。


高齢出産ばかりをハイリスクと取り上げがちですが、そうではないということを、高齢妊娠・出産に踏み切ろうかどうかと悩んでいる人たちに訴えたいです。
むしろ、高齢になってくると、出産時にどうしても加齢から産道が固くて難産になりやすい傾向にあるとか、産後の肥立ちが良くなるのに時間がかかる可能性はあります。

仕方ありません。


25歳で出産する人と同じ様に回復していくわけないのですから。
そういった点を気にする必要はありますが、25歳のこと会話をする時点で「若いな〜」って感じているでしょうから、出産や産後の回復の差があることは納得できることだと思います。
それでも世の中は、高齢出産に対して脅しをかけてくる。
そこで、このサイトでは、高齢出産に挑もうと頑張っている女性に応援の意味も込めて、高齢出についていろいろ書いていこうと思っています。